このたび、JUIDAとJDIC (DPCA・RUSEA・DTS)は、 ドローンによる広域防災ネットワークの在り方を考える第1回 ドローン広域防災ネットワーク推進会議を共催にて開催いたします。

2019年6月27日13:00~
東京大学 本郷キャンパス大講堂
参加費用は無料。

お申し込み受け付けは終了しました。

【開催目的】

防災・災害現場でのドローン利活用は、近年の自然災害激甚化も相まり、産学をはじめ国、自治体実働機関においても、必須ツール化としつつあるといっても過言ではありません。

一方で災害現場におけるドローン運用については、情報共有や指揮系統の確立が難しく、産官学の連携は、喫緊の課題であります。

また国、地方自治体が作成するハザードマップ情報を災害時はもちろんのこと、強雨や小中規模の地震ごとに一定の有資格者がドローンによる調査撮影及び解析技術を駆使し、最新情報の共有化を図ることは、防災、減災対策に向けて役立ち、災害時運用方法確立に必ずや拡がるものと考えております。

これを踏まえ、無人航空機の利活用推進団体として国内外を代表するJUIDAと地方自治体におけるドローン災害時運用協定の締結数国内トップのDPCA(JDIC)の2団体が連携し、ドローン災害調査撮影技能士養成事業を協働していくことは、国内において広域防災ネットワーク構築が大きく前進することはもちろん、周辺諸国においても災害時の利活用においても大きな役割が果たせると考えられます。

◼️共催

(一社)日本UAS産業振興協議会 | JUIDA

日本ドローン産業事業共同体 | JDIC (DPCA・RUSEA・DTS)

◼️協力

DroneTribune|ドローントリビューン

お申し込み受け付けは終了しました。